FC2ブログ

星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

ソウルメイトという言葉があまりにも独り歩きしているようなので、実を言うと僕はとってはあんまり使いたくない言葉のひとつだったりします。誤解を招くことがあるかもしれないので。

ソウルメイト同士の出会いというのは、出会えばすべてがスムーズに進んで一緒になれるかといえば、決してそうでないことが多いようです。むしろ、何かしらの障害があってそれを乗り越えて初めて一緒になれることが多いかもしれません。

素晴らしいことに、普段だったらとても乗り越えられないようなチャレンジもソウルメイトと出会うことによって乗り越えてゆける強さが自分の中に出て来るものなのです。ソウルメイト同士が引かれ合い愛し合う理由がそこにあるのでしょう。

例えば。遠距離恋愛のカップルはよほど強い絆で結ばれていない限り長いこと続けることは不可能です。お金もかかるし、離れ離れの時にも二人の愛を信じ続ける強さが必要です。国際間の恋愛の場合、相手の国の言葉を学ぶ、移住を考えるというような大きなチャレンジがつきものです。

ソウルメイトと出会えればそれで一生安泰というわけではなく、実際はお互いが学び成長するためのスタート・ラインに立てたということなのです。そして、お互いの人生はそれぞれに大きく変ることになります。

ソウルメイト同士の関係は一生続くかと言えば必ずしもそうではありません。別れるということまでも含めてお互いに学ぶ必要がある場合もあるからです。僕自身ソウルメイトと出会い、大恋愛の末に結ばれて、その後に別々の道を選び、お互いを許しあうという体験を何度か経験しています。

ソウルメイトが親子の場合もあるし、同性の友人かもしれないし、地球の反対側にいて簡単には会えない人かもしれません。いわゆる「運命の人=結婚が約束されている相手」とは大分違いますし、ソウルメイトは何人も存在します。ソウルメイトは学び合う為に出会うので、たくさんのことを学ぶ計画を立ててこの世に生まれてきた人にはたくさんのソウルメイトが存在することでしょう。

ホウホウ先生によると、先生とおなすさんと僕の3人はソウルメイトだそう。おこがましいけれど、実は僕もそれを感じておりました。このお二人のブログをどうやって知ったのか未だに思い出さないのですが、なにしろ

「この二人と仲良くなって協力し合うといいよ」

というはっきりしたメッセージをエンジェルから受け取り、実際にそのようになって僕の運がアップしたのは確か。

「三人のブログをいつもセットでチェックしています」という方がたくさんいらっしゃるので、つくづく不思議を感じております。

…いまだに山積みのメールセッションに戻ります。




▲ドリーン・バーチューの「ロマンス・エンジェルCD」 恋愛相手としてのソウルメイトと出会いたいあなたに。 
関連記事

関連タグ : 結婚,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://helpmeangel.blog.fc2.com/tb.php/228-5c040fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック